Affi+Stock!!

アフィリエイトの収入を米国株に投資して将来に備える

行動ファイナンス、投資家が身に付けるべきのは経済ではなく心理学?

f:id:t-dicek:20171110001850j:plain

投資家が身に付けるべき行動ファイナンス

2020年に心理学者のダニエル・カートンという人がノーベル経済学賞を受賞しました。「心理学者の研究を経済学に持ち込み、とくに人間の判断、意思決定に関する洞察を深めた」という功績が評価されて受賞しました。

これによって、“行動ファイナンス”が資本市場における主要な要素として認識されたといっても過言ではありませんね。行動ファイナンスは、心理学の理論を使って、市場の非効率性を解明する調査研究ですね。

投資家の誰もが身に覚えがあるのではないでしょうか?後から思えば愚かな誤りで自分勝手な思い込みだけで投資決定をしてしまうこと。ダニエル・カートンは、投資家たちの思考に潜む非合理性を観察して、誤った投資判断した原因を掘り下げて新しい研究分野として確立していきました。

投資家として成功するためにはこの行動ファイナンスも勉強していきたいなぁとつくづく考えているのですが、なかなかいい参考書なんてのには巡り合えませんね。そもそも経験則に基づくべきかもしれませんが、本から得た知識では身につかないかもしれませんが。

続きを読む

2017年10月資産推移

更新が1ヶ月飛ばしてしまった

お疲れ様です。来月の資産報告を完全にすっ飛ばしてしまった。時間がないことを言い訳にせず、ちゃんと継続しないといけない、自分を戒めるばかりです。

ということで、今月は9月末時点と10月末(201710/29)時点の僕の資産の変動を報告しますね。

29017年10月資産推移

グラフ自体は順調に右肩上がりを達成できています。

米国株・ETFについてはT以外は前月比プラスで計算できたので、3万円以上のアップは見込めましたね。元金に対して、10万円をオーバーし始めたので、複利の効果もそろそろ実感できた感じ。1ヶ月に1回どの銘柄を買うかどうかを判断して、ポチる。それだけでちょっとずつ資産が増えるのはうれしことです。

Tが不調、これは安値拾いのチャンス?

2017年10月株・ETF資産推移

上が更新時点(10/29)の保有銘柄の価値推移です。

T以外を除いて、保有している銘柄は上昇しました。買い足しはしませんでしたが、2万6千円のプラスになりました。5%ぐらい上昇してくれたわけですから、かなり好調でしたね。

特に大きかったのが、僕の保有銘柄でそれぞれ1/4程度を占めるJNJとMSFTがそれぞれ10%近く上がってくれたからですね。まだまだ売るタイミングでもないとは思うのですが、売り逃げするタイミングもこれから考える必要がありますね。

XOMもーから久しぶりに+に転化。ここ1ヶ月で株価8$上がっています。配当率もいいし、XOMは揺れが激しいですが、基本的にはいつも同範囲で推移しているので、保有は継続することにします。

株価を大幅に下げてしまったのはT。ワーナーを買収したことは将来的にプラスかなと思って購入しましたが、購入した時の40ドル以上あったのに33ドル台。。。10%ぐらい下げたんですね。

ただ損切りをするかどうかでいうと、NOですかね。ワーナーを買収した効果が出るのは、あと1年はかかると読んでます。

なので、ここは底値を待って、安値拾いですかね。だいたい33ドル台が底値かなって楽観視してます。来月には追加購入している予定です。

2017年8月資産報告

米国ETFを購入してみた

f:id:t-dicek:20170903134112p

先日、北朝鮮からミサイル発射あり、日本上空を通過してしまいました。どうして朝なんや、ほんまあの時間帯に狙われたら、逃げることもできずアウトですよね。飛行距離を考えると、北朝鮮からアメリカ領のグアムまで届く距離だと言いますし、トランプやアメリカの姿勢がどうなるかが気になるところです。日本の政府は戦争に関しては、もうアメリカの影響力に負けることですから、激しく遺憾の意を表明することに留まると思いますが。

そして、今日は核実験のニュースですか?政府は断定したんでしょ?もうアウト。。。


北朝鮮の挑発が気になりますが、気にしても仕方がないのが一般庶民ですよね。これまで通りの生活を続けるしかないのですよ。


さて、今月の資産報告の方に移りましょう。

今月もきっちり3万円の積立金を投資に回しました。前月+25,462円になりました。3万円以上を割ってしまって5000円ほど損しています。今の段階では仕方のないことですよ。

これは後で触れますが、XOM(エクソンモービル)の株価の下げと、JNJ(ジョンソン&ジョンソン)とMSFT(マイクロソフト)の株価停滞が影響しています。

続きを読む

2017年7月資産報告

2017年7月資産報告

f:id:t-dicek:20170801000445p

2カ月ぶりの更新になってしまいました。。。全然ブログを書くモチベーションにならずで申し訳ありませんね。

というのも、2017年6月までの資産推移をまとめていたエクセルを保存していたUSBメモリがどこか行ってしまってデータを継続することができませんでした。バックアップって本当に大切ですね、痛い目にあってから気づかれますよね、毎度毎度。

そのため、先月までの比較のデータがなくなってしまいました。1年前ちょうど投資を始めたときのデータは残っていましたらそれとの比較です。1年間で資産は、50万円近くUPしました。大した額ではありませんが、継続できたことはやはりうれしいですね。


元金よりも5万円ほどプラスです。ここからちょっとずつ差が大きくなることを願ってこれからも続けていきます。

2017年7月の株価

f:id:t-dicek:20170801005212p

2017年の株価時価総額はこんな感じです。まぁ先月末との比較データがないので、はっきりと見せれませんが、MSFTとJNJは好調でした。頑張ってほしいのが今年になって新しく買ったXOMとTが下がり続けています。

2016年7月~2017年7月の配当実績

投資を始めて1年が経ちました。繰り返しになりますが、月推移のデータがなくなってしまってるので面白いデータは出せていません。そこで、今年1年の配当金をグラフ化してみました。
f:id:t-dicek:20170801004723p

まだちょろちょろとした入ってきていない配当金は、年間で$35.42でした。ちょろちょろとはいいながら、KOの株が1株買える程度までは育ちましたね。何もしていなかった頃と比較したらマシです。

きちんとペースを守っていけば来年は今の倍もらえるわけです、2年後は4倍。これで買付可能額を増やしていくのが高配当再分配投資です。地道ですが、いまのところこれが地道な方法ですよね。

2017年5月資産推移報(6月上旬)

2017年5月資産報告

f:id:t-dicek:20170606000301p:plain
今月も・・・といっても5月末は忙しくて株価もブログもなかなか更新できず、6月5日現在の報告になります。

今月も3万円の預金を足して、終わりました。ちゃんと調べて新しい銘柄を追加したいんですけどね。なかなか時間が取れず、、時間が取れないって言ってたらダメですね。ちゃんと時間をとってやります。

今日は110円半ばになりましたね。ちょっと荒れそうな予感がしていますが、トランプ大統領とロシアの一連の疑惑を巡るコミー前連邦捜査局FBI)長官の議会証言を不安視し、ドルを手放す動きが出ているそうですね。

このタイミングで円を$に変えておきます。

2017年5月株価の推移

f:id:t-dicek:20170606000248p:plain

まず個別銘柄で考えると、ここずっとマイクロソフト(MSFT)とジョンソン&ジョンソン(JNJ)の株価が順調に上がってきていますからね。

エクソンモービルファイザーはちょいちょい下げてきましたね。ちょっと円高の影響でも株価が下げているのが目立っていますかね。

そして次の銘柄は何にしようか、今のところアイデア0です・・・

2017年4月資産推移報告

2017年4月の資産報告

ゴールデンウィークに入りましたね。今日の大坂は半袖でも十分でしたね。

f:id:t-dicek:20170502230556p

今月も3万円を積み立てて、AT&Tの株を購入しました。今月も株価に対して、元金の107.4%超えました。

昨月として、円高傾向になって、米国株資産が微増したぐらいで、合計金額には大きな変化はありません。

続きを読む

グーグルのアルファベットの決算発表のプレゼンを聞いてみて

Google Logo in Building43

グーグルの広告事業に死角なし

グーグルの親会社のアルファベットが4/27に決算発表をしていましたね。僕個人としては、アルファベットの株を持っているわけではありませんが、世界を代表とするグローバル企業なんでどんな発表をするのか気になってみてました。


まずはGoogleによる広告事業が驚異的な成長を遂げていました。YouTubeでテロを扇動するような動画にも広告一緒に貼られているせいで、大企業がYouTubeへの広告を停止している、なんてニュースがありましたが、今のところほとんど影響がなかったみたいですね。


アルファベットの利益はウォールストリートの予想を大きく超えており、前年度の29%上昇の54.3億ドルにまで到達し、この急成長はグーグルのような世界を代表する大企業においては異例中の異例ですよ。ウォールストリートのアナリストたちもさぞかし驚いていることでしょうね。

続きを読む