読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Affi+Stock!!

アフィリエイトの収入を米国株に投資して将来に備える

経済指標6.金価格〜人は経済的に不安になる金を買う〜

経済指標金価格

ゴールドを持てばすべてを制す

アメリカには、金(ゴールド)を持つ者は全てを制す、ということわざがあります。だけど、私たちにサラリーマンには苦しい表現やと思います。

だって、言い換えれば「金持ちになりなさい」といっているようなものです。

金の価格は甘く見てはいけません。金価格は、マーケットの流れ、雰囲気、ムードを知るための良い指標になります。


簡単に言えば、金価格は経済、金融、国際政治におけるあらゆる不安が反映されるバロメーターとして使われるからです。
下のグラフは1973年からの金価格の推移です。

f:id:t-dicek:20161213085511p:plain


経済が安定して成長している、金融システムに問題がなければ、人々はそんなに金を買おうとはしません。なので、金の価格はゆっくりと下がっていきます。

例えば、1980年〜2000年まで、どちらかといえば金は人気は高くなくて、投資家は金以外に株や債券に投資する、傾向にありました。

この期間の間、金の相場はずっと停滞していました。それ以前のピークが、1トロイオンス850$に対して、もっとも値を下げたのは1トロイオンス250$程度まで下げていました。ちょうど景気が上向いてた時代ですね。

当時は戦後の経済成長がめざましく、インフレ率も低く、大きな戦争もありませんでした。

しかし、2000年を超えると状況が一変。1トロイオンス260$程度だった金価格が、2010年には1トロイオンス1300$まで一気に高騰しました。10年間で5倍です、夢のある話ですよね。

この10年間でITバブルが弾けたり、リーマンショックのときに不動産資産の高騰と暴落を経験し、世界の金融システムに暗雲が漂っていました。また、アメリカはイラクアフガニスタンの戦争でズルズルと関わっていた、嫌な時代です。

さらに、戦争にかかる費用のために、アメリカ政府はとても返しききれると思えない額の借金を続け、物価の急なインフレが常に懸念されていました。

このように不安が高まる時期には、金は魅力的な投資対象です。2006年~2012年まで4倍近く価値が上昇していることが分かります。

2012年をピークに平均金価格は落ちてきています。しかし、今後、利上げの間隔が狭くなってくると企業の利益がみるみる落ちて行きます。そのタイミングではまた金が買われ始める、つまり、金の投資需要が高まっていくと言えます。私は1トロイオンス1100$~1200$で安定するか、徐々に上昇していくと予測しています。

金は価値の安全な保存手段としてら大昔から信頼されてきました。金に比べると紙幣なんて10年やそこらで価値を失うことも珍しくありません。金は紙幣に比べてかなり信用できる資産なのです。銀行預金じゃなく、紙幣で持っていると破損したり、紙幣替えがあったりすると、その紙自体の価値は0円になってしまいます。

金資産に詳しいジョージ・ジェロ氏によると、1930年代の金1㎏の価値は、当時の車1台分の価値があったと言っています。

現在も金のの価値は当時の価値からそれほど落ちてはいません。一方で、当時の車は大富豪にしか買えなかったものが、今ではサラリーマンでも買えることを考えると、金の安定性には恐れいります。

金は不測の事態に備える資産

金価格を指標として活用するためには、金への投資需要を見ることです。

世界で算出される金のうち、およそ70%は宝飾品に使われます。

残りの30%が投資家に保有されます。つまり、投資需要のある金で、金価格の上昇にもっとも影響を与えます。

金投資コンサルタントで有名なCPMグループの社長ジェフリー・クリスチャン氏は、"投資需要が年間で2000万トロイオンスを超えたら金価格が上昇してくる"といいます。

これは昔から変わらない目安だそうで、現在は投資家が金にどんどん飛び付いていて、アメリカの金利上昇を受けてますます金が買われていくそうです。

この情報をどのように使えば、利益が出せるでしょうか。金の投資需要の高まりにうまく乗って、価格上昇でもうけるのも1つの手です。

金はこれから安定するor上昇傾向にある、と自信を持って言えますが、こんな本のタイトルまではよう付けん・・・(ちなみに先週発売された最新刊です)

金価格は6倍になる いますぐ金を買いなさい

金価格は6倍になる いますぐ金を買いなさい