読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Affi+Stock!!

アフィリエイトの収入を米国株に投資して将来に備える

株価は安いうちに買うのが鉄則。株の割安感を判断するPER

PERで割安感を判断

1$のものを50セントで買え!

株を買うべき“いい会社”であることを決めたら、次はいつその会社の株を買えばいいのか、つまりお買い得なタイミングを考えることが大切です。

例えば、どんなに素敵な時計でも、10万円くらいの価値のものを20万円で買う気にはなれないですよね。逆に、すごく気に入った時計が、通常の値段の半分で売っていたら、その機会を逃すわけにはいきませんよね。


株もこれと全く同じことで、価値ある株、いい会社を探して、それをすごく割安な価格で買うことが大切です。

多くの投資家の憧れ、20世紀に最も成功した投資家ウォーレン・バフェットは、株で成功する最も大切なコツについて、「1ドル札を50セントで買うように、株を買うこと」と言っています。日本式に言い換えれば、「1000円札を500円で買うように株を買え」といえますかね。

明らかに1000円ぐらい価値のあると思える株を500円ぐらいまで下がったら買え、ということです。

つまり、バフェットは「割安さ」こそ投資で成功するために、最も大切なポイントだと言っているのです。

1株益の何倍かで割安さを考える

株の割安具合を判断するのが、PERです。PERは、会社の収益力から見て、今の株価が割安かどうかを測るものです。

PER=株価÷1株益

つまり、株価が1株益の何倍になっているか見るわけですね。

1株当たり年100円稼ぐ株があって、今の株価が1000円なら、PERは10倍です(1000円÷100円)。同じく、1株当たり年100円稼ぐ株であって、今の株価が2000円なら、PERは20倍になります。

利益の10倍の値段で買うのと、20倍の値段で買うのであれば、10倍の方が割安ですよね。つまり、PERは数字が低いほど割安ということになります。

PERの計算に使う1株益は予想の数字を使います。株は常に将来を見ながら動いているので、それを分析する数字も新しいものを使わなければなりません。

会社をまるごと買うつもりで考えてみよう

ここで、少し目線を買えてお話します。

会社をまるごと買うのに必要な金額を「時価総額」と言いますが、これは株価×発行済み株式数で求められます。

例えば、パナソニックの場合、時価総額約3兆1500億円です。それに対して、2016年度の通期の経常利益予想は2700億円です。

もしあなたが、パナソニックを一社まるごと買ったとしますと、3兆円でだいたい2500億円の利益を生み出すことができる会社を買ったことになります。購入代金の2兆円は1年の利益のだいたい12倍。つまり、「購入代金は12年程度で回収することができそうだ」ということになります。

実はこの「12年」という投資金額の回収年数がPERなのです。


普通、株式投資は会社丸ごとではなく、「1株いくら」で買うので、利益も「1株あたりの利益」を使って回収年数を計算するわけですね。

PERの標準はおおむね15倍

一般的に有料企業と考えられている企業のPERは10倍台のものが多くなっています。

もちろんリーマンショック時期やバブル相場のような時期もあり、その状況のよって全体的なPERも変わるのですが、株式市場の平均PERはだいたい10倍~20倍くらいの水準で推移しています。

ちなみに僕が持っている銘柄のPERを見てみます。ディフェンシブ銘柄ばかりを集めていますので、PERは若干高め、割高株しか持っていませんね・・・汗

銘柄 株価 1株益 PER
ジョンソン&ジョンソン 125.95 5.93 21.28
AT&T 42.35 2.1 20.18
マイクロソフト 64.73 2.12 30.56
ファイザー 34.11 1.17 29.08
コカ・コーラ 42.29 1.49 28.38
エクソン・モービル 81.61 1.88 43.48

PERは将来性によってプレミアがつくこともある

しかし、PER1桁の銘柄もあれば、僕が保有している約30倍と高い銘柄もあります。どうしてPERにこんなに違いがでるのでしょう。

一般的には、「将来的に利益が伸びそうだな」と期待されている会社の株にはプレミアが付けられてPERが高めになる傾向があります。

株を買ったり、売ったりする人の気持ちになって考えれば当たり前だと思います。今株を持っている会社が「今後グングン利益を伸ばしそう!」と思うなら、安い値段では売りたくはないですよね。逆に、そういう株を今から買おうという人なら、「多少上乗せした値段でも買いたい!」と考えるかもしれませんね。

一方、「今後、利益が減っていきそうだな・・・」と懸念されるならば、多少安い値段でも売ってしまおう、と考える人が出てきますし、買うにしても「ディスカウントしてくれないと買いたくない」と思うのでしょう。

このようにPER15倍くらいを標準に、将来性を考えながらプレミアをつけたりディスカウントしたり値踏みをしているわけです。

そしてついた値段の中で、もし「本当は利益が伸びそうなのに、PERが低くなっている」という銘柄があれば、それこそがお買い得ということになりますね。

バフェット 伝説の投資教室 パートナーへの手紙が教える賢者の哲学

バフェット 伝説の投資教室 パートナーへの手紙が教える賢者の哲学