Affi+Stock!!

アフィリエイトの収入を米国株に投資して将来に備える

2018年の銘柄選びは成長力を軸にしたい

f:id:t-dicek:20180116235146j:plain

2018年の銘柄選びは安定よりも成長力へ

最近、自分のポートフォリオに物足りなさを感じています。。。安定していると言えば聞こえはいいですけど、ちょっと欲が出てきたというか“成長力”がっ欲しくなってきますからね。

いったん対象はダウ工業30種平均の構成銘柄中で次の成長株を探したいと思っているところです。抽出条件は、税引き後の全利益が来々期まで3期連続で5%の成長が予想してみました。

2018年上期はこちらの銘柄を中心に買い足したていきたいと思いますね。

マイクロソフト

僕のポートフォリオの中でも成長している銘柄。トップが交代して、強さを取り戻した印象ですね。

2014年にサティア・ナデラ氏に交代すると、2016年6月期減益となりましたが、17年6月期から回復し、18年6月の税引き前利益は前期比45%増の見通しだそうです。当然、主力製品「マイクロソフト・オフィス」を売り切りから課金のモデルにシフトチェンジしたのが大きいのでしょうかね。

f:id:t-dicek:20180116235351j:plain

ジョンソン&ジョンソン

こちらも僕のポートフォリオの中で2番目に成長している銘柄。

2018年1月期に前期比26%の増益見通し。株価は長期上昇基調を維持していくと予想しています。17年秋にはコンタクトレンズの一部の商品が回収されるようになって以降は横ばい状態ですが、ここで持ちこたえているのが大きかったですね。しばらくすると再び上がると思っています。

f:id:t-dicek:20180116235633j:plain

affistock.hatenablog.jp

コカ・コーラ

コカ・コーラポートフォリオに組み込んでいますが、2017年は配当金のため多少下がっても我慢して持っている状態でした。前期は税引き前利益が2桁減益でしたからね。

しかし、今期は33%の2桁の増益見込み、時期をみて買い増し予定。消費財のグローバル企業2社の急回復は、足元で景気気が回復しているのではないでしょうかね。これからブーストがかかると期待。

f:id:t-dicek:20180116235810j:plain

アッビィ/ABBV

アメリカの製薬大手のアボット・ラボラトリーズの研究開発部門から分離独立し、理いう街性関節炎などを主力製品に持ちます。また、癌免疫療の開発などを手掛けていますね。

アッヴイを保有している最大の機関投資家は、成長株投資で定評のある米キャピタル・リサーチ・アンド・マネージメントで、保有比率は12%程度。また、アメリカ証券取引委員会に提出された資料では、ヘッジファンドを運営するラリー・ロビンス氏も保有している銘柄ですね。

配当率も2.71%とグロース株の中では申し分のない数値。

f:id:t-dicek:20180117000025j:plain

ビザ/マスターカード

アメリカに3ヶ月留学して気づいたことは、クレジットカードなしでは生きていけないこと。コンビニやスーパーで生活用品を買うだけでも、マクドナルドのようなファストフードを買うにしても会計はクレジットカード。消費者との関係性は日本とは比べられない、といった印象。

クレカの2大大手のビザとマスターカードどちらも株価を下げる要因は見当たらないし、ずっと堅調に上昇しているので、正直、今の株価が割高なのか否か判断が難しいですね。

f:id:t-dicek:20180117000156j:plain

f:id:t-dicek:20180117000402j:plain